2018/09/03

サンバーのドライブシャフトブーツの交換

サンバーのトラックのドライブシャフトブーツ交換
2年前の車検の時、「次の車検までにやっておかないとマズイよ」と言われていたドライブシャフトブーツの交換をやってもらいました。
作業を依頼したのは大網白里市にある渡邊モータースという自動車修理工場です。
ディーラー車検(千葉スバル)を3回続けて、この軽トラを乗り続けることをサポートしてくれる感じがしなくなったので、今回の作業をやってもらう気になれませんでした。
かと言ってどこに持っていけば?という疑問に答えてくれる伝手もなく、車検の時期目前になってしまいました。
そこで、ダメもとでSUBARUの看板をかかげている渡邊モータースさんに持っていってみました。
サンバーのトラックのドライブシャフトブーツ交換
結果はとても良く、「希少車になってきているので、ぜひ乗り続けてほしい」と言ってもらえたのもうれしいことでした。
22年経ってる旧車になりつつあるKS4サンバーの修理整備は、経験のある修理工場に持ち込むのが一番ですね。
さらに費用もディーラー見積もりの半分以下!
素晴らしすぎて、ついでに前車から載せ替えたETCのセットアップもお願いしました。
まだまだ修理箇所があるのですが、車検も近いし、また渡邊モータースさんにお世話になっていこうと思います。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
スポンサーサイト

続きを読む

2018/01/16

サンバートラックにETCを取付DIY

サンバートラックのフロントウィンドウに設置したETCアンテナ
サンバートラックにETCをDIY取付する続きです。
ETC用の電源を取り出しておいたので、今日は本体とアンテナの取付です。
まずはアンテナですが、大体55度以下の傾斜面に貼り付けるように取説に指示されています。
カローラから移植のETCは三菱電機製のEP-9U68って型番のものです。
2008年に購入したもので、前々車のニッサンアベニール用でした。
サンバートラックの灰皿トレイ下に設置したETC
適当なアンテナ線の取り回しをして、さてどこに貼り付けようか思案した挙句、灰皿トレイの裏側に貼り付けました。
平らな面がここくらいしかなかったので。

さて、あとはディーラーかカーショップへ行って、セットアップをしてもらうのみです。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

続きを読む

2018/01/15

サンバートラックのシガーソケット裏からの電源取り出し

サンバートラックのシガーソケット裏の電源配線
先月下取りに出したカローラに付いていたETCをサンバートラックに移植するべく、まずは電源をどこから取るか?ちょっと悩みましたが、シガーソケット裏から取ることにしました。
トラックは内装が簡素なので、シガーソケット裏は覗けばすぐにわかります。
ここからはアクセサリー電源が取り出せます。
プラスはギボシ端子メス、マイナスは平型端子メスになっていて、ここから分岐して取り出すことにしました。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

続きを読む

2014/05/24

薪運搬車のバッテリー交換DIY

薪運搬車のサンバートラッククラシックのバッテリーが上がってしまいました。
この車を2006年10月に手に入れてからずっとバッテリー君は働いてくれました。
一度上げてしまったものの、その後も調子よく、がんばってくれました。

というわけでお財布と相談して、初めて自力で交換してみることにしました。
今までの車では、バッテリーの処分に困るからと、カーショップでしか交換したことはありませんでした。
ところが、カインズホームというホームセンターでは、購入と引き換えに引き取りをしてくれることがわかったのです。
ならば、DIYでやってみよう!ってことで。
これが旧いバッテリーです。
オートバックスのオリジナルバッテリー「ダイナグリッド標準タイプ38B19L」が付いていました。
(現行価格は5,133円)
サンバートラックの旧バッテリー

続きを読む

2010/10/27

薪運搬車の車検完了

私の薪運搬車でもある、サンバートラックSDXクラシックは、平成8年車です。
ということで、今年で14年生。がんばるのう。
7回目の車検ですが、中古車で手に入れた車ゆえ、私自身は2回目の車検出し。
いつもお願いしているところが、不定期長期(?)お休みで、電話も通じず、お店も開いていなかったので、やむなく近くの「メカニック銚洋」さんへお願いすることにしました。
初めてのところなので、一応立会い見積りをお願いし、30分程待って、メカニックの方々から説明を受け、作業内容とお値段に納得して、車検に出すことにしました。
修理箇所はリアブレーキシリンダ内。

日帰り車検から戻ってきたクラシック号は、すこぶる好調。
特に作業はしてもらっていないと思うのですが、ミッションが軽くなった感じで、うれしい変化。
(始動直後の1速の抜けが悪いのと、2速の入りが渋いのが、少し改善された感じです)
説明も丁寧で、ピットもきれいに整理整頓されており、とても気持ちよく対応してもらって、ありがとうございました、メカニック銚洋さん!

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。