2014/08/26

通院日

病院を替わってから2回目の通院です。
前回来た時、月曜と火曜が比較的空いていることがわかったので、今日火曜に来てみたのですが、待合室が混んでいたので、ちょっと待つのかな?と思っていたら、すぐに診察でした。
小さな個人病院ではないのですが、院長先生はテキパキとさっぱりした性格らしく、診察は変わりがないことと血圧を測って次回は血液検査をしましょう、ということで終了。
診察が速くて、待ち時間が短いのが、この病院の特徴のようです。
生理検査やレントゲン撮影、CTなど個人病院としてはかなり設備が充実しています。
私の住んでいるところにもこういう病院があったらいいのに。
九十九里エリアは医療過疎が課題となっているのです。
スポンサーサイト
2014/07/14

病院を替わる

6月の通院で診察が終了となり、個人病院を紹介されて、今日が一回目の診察です。
紹介状を持って、午後から行ってみました。
循環器内科で心臓病を専門にされている院長先生に診察を受け、毎月通院してください、と言われました。
テキパキとして、察しもよく、余分なことは話さないタイプの先生なので、気になるとことは自分から話さないといけない感じで慣れるまでにちょっと時間がかかりそうです。
設備はしっかりしていそうなので、そこは大きな安心です。
また1年ぐらいかけて近所の良さげな内科の個人病院を探して、自分の体調が安定したら、移れば良いでしょう。
2014/06/09

終診となる

今月の終わりで、心筋梗塞を患って1年になります。
体調の変化に注視し、食べるものに気をつけ、水分補給、塩分摂取量、毎朝の血圧と体重測定、ストレスコントロールなどなど再発の防止と不安をかかえながらの1年でした。
出かけるときは薬を携行し、止むを得ない遠出のときは病状を記した書類を持ち、いつでも引き返せる、止められるスケジュールを考えています。
今でもわずかな胸の痛みを感じることがあり、平気でいられる時間はそう長くは続きません。
体調が良くても適当に休まないと必ず反動が来ます。
何もかもが、もう以前と同じではありません。
悲観的になる材料は山ほどありますが、今までとは違う人生に踏み出したのだと思って、楽観的にならないと、この病気にはストレスが最も良くないのです。

今日で1年お世話になった病院での終診日となりました。
大病院で薬の処方がメインとなった患者は個人病院へ、といのが今の医療の現実です。
不安ですが、仕方ありません。
来月からは紹介された個人病院への通院となります。
2014/03/06

検査入院終了

朝6時過ぎに目が覚めて、少し左腕に痛みを感じるものの、思ったほどではなく、しばらくは左手に重いものを持たないようになど注意を受けて、無事退院しました。

実際にはその後左腕、特に肘から手首にかけて(つまりシースが入らずに動脈を内側からつついたり、擦ったりしたあたり)が、痺れるような鈍い痛みが、ひと月ほど続いて、これがカテーテルの後遺症なでは?と思うようになりました。
動脈を内側から触れば、その時だけでなく、まるで古傷が痛むように術後もしばしば痛みが残るのではないか?と思われます。
今でも疲れを感じたり、ストレスを感じると胸を中心に左脇の下にかけて、なんとなく痛みを感じることがあります。
初めのころは嫌な感じでした。
でも、最近では、これは動脈がシクシク痛むのではないか、と思っています。
近所の、やはり同じ心筋梗塞でカテーテルをやった人も同じことを言っていたので、きっとカテーテルの後遺症のひとつなのでしょう。
こういう痛みに付き合っていくしかないのですね。
2014/03/05

カテーテル血管造影による冠状動脈の検査

朝6時に血圧や酸素量を測る。
8時に予薬を飲み、点滴を開始、左手首に麻酔パッチ。
妻が来てくれる。
かなり緊張してくる。
9時に血管造影室に車椅子で移動。
左手首からカテーテル挿入の予定だったが、シースが途中で入っていかないため、肘の内側からに変更。
トータル1時間ちょっとで終了した。
その後30分程止血のため圧迫、肘を固定して病室へ戻った。

12時に昼食。
妻に助けてもらいながら、普通に食べることが出来た。
16時に担当医が病室へ来て、「ステントの再狭窄はなく、他の冠動脈も処置が必要な病変はなかった」と言われ、安心する。
18時に夕食。
妻に助けてもらいながら、食べる。
妻が帰った後、担当医が病室に来て、「明日からアーチストと弱めの降圧剤を追加します。その様子を見て来月の通院日で今後服薬していくお薬を固定して、6月以降かかりつけ医に引継ぎたい。」と言われる。
その後、2月まで担当医だった先生が来てくれて、「心エコー、血管造影、ともに良好で、心臓の動きも良く、心電図に見られる波形は心筋梗塞の跡が残っているが心配ありませんよ」と言われる。
8ヶ月お世話になったが、4月から大学へ戻られるとのことで、お礼を言ってお別れをする。

なかなか寝付けなかったが、12時過ぎには眠る。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。