2017/01/22

モチノキの薪

モチノキの薪
今シーズン前半の薪は(多分)モチノキが主です。
少し桜を混ぜながら焚いています。
これらの薪は義父が作ってくれているもので、積んである場所が完全に雨が避けられて、なおかつ冬季はよく陽が当たるところなので、抜群に乾燥しています。
難点は、そうそう整理良く積まれていないので、乾燥した薪を探り出して持ってこなければならないことです。
でも本当にありがたいことで、どれが乾燥してるかな?と薪の状態をよく見て、重さを感じて、音を聞いて、選別するのもまた面白いです。
義父母の家の(つまり妻の実家)の周囲は植木の畑が多くあります。
多分おそらく赤い実が付く雌株のモチノキが商品になって、一部の雄株は処分されるのだろうと思います(勝手な推測)。
そんな小径の広葉樹は、加工がしやすく、ちょっと時間をかければ、割らずとも良い薪になってくれます。
素晴らしい!!!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
関連記事

コメント

非公開コメント