2017/03/03

ノートパソコンのHDDをSSDに換装-1日目

内臓HDDをUSB接続した新SSDへクローン
我が家には2台の小型のノートパソコンNEC Lavie LE150-C2があります。
白パソが流行った頃のもので、使用目的はレッスン貸し出し用です。
なのでロースペックなのですが、メモリが安かった時に2GBから4GBに増設したり、昨年はWindows7からWindows10に無償アップグレードしたり、他にも購入直後液晶パネル不良で修理に出したり(保証内)、途中1台のハードディスクが壊れて修理したり(延長保証内)、色々経験させてもらっています。
その白パソのうちの一台(過去にHDD交換修理していない方)のHDDが「代替処理」不良を起こし始めたことがわかり、お亡くなりになる前にシステムディスクの交換をすることにしました。

元々載っていたHDDは320GBですが、240GBのSSDを購入してクローン作成にて交換することにしました。
選んだSSDは、「ウェスタンデジタル WD Green PC SSD 240GB」です。(例によってAmazon購入)
ハードディスクドライブで有名なウェスタンデジタルが昨年出したSSDです。
ポイントは無償で使える「Acronis True Image for WD Edition」というソフト。
これでクローン作成が簡単に行えそうだったからです。
結果として、クローン作成は非常に簡単だったのですが、思わぬトラブルで2日間も作業に追われることになってしまいました。。。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

トラブルの原因は、SSDをUSB接続するために使ったGroovyのUD-505SAというケーブルセットです。
昨年一度使っているのですが、今回はこれのSATAからUSBに変換する基板の接触不良で、接続が途切れがちになってしまったのです。
この基板不良に辿り着くまでに数時間を要し、一日目は、クローン作成で終了。
クローン作製途中で1セクタ読み取り失敗
途中、セクタの読み取り失敗があって止まりましたが、この一か所だけのようで、「無視」して続行して、2時間でクローン作成は終わりました。
まずバッテリパックを外して30分放置
やっと換装作業に入ります。
まずノートパソコンを裏返して、バッテリパックを外し、30分程放置します。
NEC LE150C2の2.5インチハードディスク
それから、左下のカバーを外して、HDDを目視します。
左上にネジが一か所あり、これを外して、右側の黒いタブを持って左方に引っ張れば、HDDが外れます。
左上のネジを外して右のタブを引っ張ってハードディスクを取り外し
HDDを取り外してみたところ、厚さが9.5mm。
購入したSSDは7mmなので、スペーサーが必要なことがわかりました。
準備してなかったので、近くのケーズデンキに買いに行って、一日目は終了です。

関連記事

コメント

非公開コメント