2017/09/23

富津市金谷から富士山を望む

金谷から富士山を望む
今日は午後から妻が「地域クラウド交流会」に参加するため、いっしょに富津市金谷に行きました。
私も参加予定でしたが、ちょっと気が乗らず、金谷港の周囲をぶらぶらして過ごしました。

もう20年くらい前にYAMAHAセローに乗っていたころ、金谷まで出来て東京湾フェリーに乗り、三浦半島へ渡って三崎港へ行ったり、城ヶ崎海岸へ行ったことがあります。
その時以来、久しぶりに金谷に来ましたが、フェリー乗り場の記憶はさっぱりありませんでした。

東京湾を眺めると、ひっきりなしに船が行き交い、波も穏やかで「九十九里とは全然違うなぁ」と思いました。
あいにく曇っていて、見れないと思っていた富士山が夕暮れにシルエットで少しだけその姿を見せてくれました。
内房は、この「富士山が見える」というところが外房との最大の違いのような気がします。
富士山は、どんな時に見てもきれいですね!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

金谷フェリー乗り場近く
漁船や釣り船など、大きくない船でも、なんでか船というものは画になります。
その構造ゆえの曲線で構成された船体や船上の色々なものが、機能美を持っているからなのかもしれません。
東京湾フェリーかなや丸
繁忙期で14便、閑散期で12便が一日の運航数で、2隻のフェリーがほぼ同時刻に金谷港と久里浜港を出港して、海上ですれ違い、40分で行き交います。
金谷フェリー乗り場近く
また、ゆっくり朝から来て、鋸山など登ってみたいです。

関連記事

コメント

非公開コメント