--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/09/30

蛍光灯ダウンライトのE26口金LED電球化

蛍光灯ダウンライトのLED化改造
我が家のダイニングキッチンの照明は蛍光灯のダウンライト4灯とペンダントライト3灯です。
このうちペンダントはE26口金のクリア電球だったものをコストコで買ったLEDクリア球に交換済みです。
しかしながら、ダウンライトの方は蛍光灯がFHTタイプのもので、ランプ切れを2年近く前に起こし、次第に入手困難になってきていることがわかり、LEDタイプにしなくちゃね、と思って時間が過ぎてしまいました。
そうこうしているうちに2つ目も切れてしまい、いよいよLED化を検討しました。
現在はダウンライトも一体型のLEDタイプが主流で、価格的にも1個2,000円台からありますが、色々調べていくうちに、スマート電球があることを知りました。
ひとつはPhilipsから出ているHueというもので、これはAmazon Alexaで操作できるものです。
もうひとつはIKEAから出ているトロードフリというスマート電球で、Hueと同じ仕組みでワイヤレス操作できるものです。
初期投資はIKEAの方が安くて、将来的にはHueに組み込むことが可能であることもわかりました(多分やらないけど)。
ということで、IKEAのスマートライティングを導入してみました。
IKEAのスマートライティング トロードフリ
写真上4個の箱がそれらで、1個(2,999円)は(2.4GHzで)ワイヤレス操作するリモコン付属ですでにペアリング済みです。
これに他の3個の電球(各2,499円)を1個ずつペアリングさせ、4個を同時に操作します。
色温度は3段階(2200K、2700K(電球色)、4000K(昼白色))、明るさは基本6段階(無段階調光可)に変化させられます。

ダウンライトはFHTのための(多分)回路基板を取っ払い、E26のソケットを組みました。
(これは完全に自己責任です)
とりあえず結果は良好で、問題なく操作できます。
なかなか面白いです!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

FHT蛍光灯ダウンライトの改造をしました。
これはKOIZUMIさんの穴径Φ125のダウンライトで元はFHT16の電球色の蛍光灯が付いていました。
蛍光灯ダウンライトのLED化改造
ねじ止めされている各パーツを外します。
ランプのドーム部、ランプソケット部、回路基板部の3つのパーツで構成されていました。
蛍光灯ダウンライトのLED化改造
回路基板部を取り払い、ランプソケット部はE26口金ソケットを穴あけ加工をして取付け、ステーに10度くらいの角度をつけてランプの向きをちょうどドーム部のいい具合の位置になるようにしました。
蛍光灯ダウンライトのLED化改造
E26口金ソケットへの電源線の結線がちょっと面倒(電源線と送り線を収めるのが面倒)でしたが、そこさえクリアすればほぼ完成です。
蛍光灯ダウンライトのLED化改造
最後にダウンライトを天井に収めて、ランプを差し込んで、設置完了です。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。