2018/12/05

テレビを壁掛けに

S4C-FBの同軸ケーブルと4C接栓
2階を模様替え中です。
まだ未完ですが、まず20畳ロフトに置いていたベッドを12畳部屋に移動しました。
そこで困ったのがテレビの置き場所です。
今までは本棚(のようなもの)の上に置く場所があったのですが、12畳部屋はそんなスペースがなく、さてどうするか?
そこで、テレビは24型なので、壁掛けがいいんじゃないか、と考えテレビ裏面のVESAマウント規格のねじ穴を利用して自作ステーを考えたのですが、試作の段階で上手くいかないことがわかり断念。
またまたamazonで壁掛け器具を探したら、ありました2,000円以下で色々あります。
さっそく上下5度、左右10度に傾くディスプレイアームを注文し(一応32型まで対応品)、壁のテレビコンセントからのアンテナ線配線のためにマスプロ電工製のS4C-FBケーブルと4C用接栓も併せて購入しました。
久しぶりのテレビ関係のDIYです。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

テレビ壁掛け用アーム
Flexmounts社(アメリカ)製のディスプレイアームです。
ねじ類がかなりごっついです。(さすがアメリカ?)
VESAマウントは、75mm、100mm、200mmに対応しています。

4C接栓取付け
4C接栓の取付です。
こつはいりますが、難しくはありません。
カッターナイフとハサミとニッパーとペンチがあれば。

24型液晶テレビを壁掛け
間柱に当ててネジを打ちたいところですが、ログハウスの間仕切り壁なら簡単です。
パネリングのエアネイル跡を見当に使えばいいのですから。

24型液晶テレビを壁掛け
設置完了です。
アームは伸ばさず。
やってみたら、マウントベースと屈曲アームの接続部が5度くらい回転することもわかりました。
なので、壁付けの水平は厳密でなくていいようですね。

我が家は寝るときにテレビをスリープタイマーを使って30分ほど見ながら入眠するのが常です。
なので、寝室にテレビは必須、これで安眠できます!

関連記事

コメント

非公開コメント